環境も守る事業活動|汚水処理剤で適切な処理

高性能な新しい土のう

土のう袋

工事現場や災害時において土のうが活躍します。土のうというのは麻袋等に土砂を敷き詰めただけのものですが、様々な用途で活用することができます。河川での工事を行う際には工事をしやすくするために土のうを並べ、水の侵入を防ぐといった使い方や崖崩れ等の防止策、水害対策時の初期活動、また地下駐車場等を設けている企業のビルに備え付けておくことで大雨等による地下駐車場への浸水被害を食い止めることも可能です。土のうはこのように様々な場面でその力を発揮します。しかし、土のうというのはその重さも然ることながら幅も取るものなので使用する際の設置も重労働のものとなり困難です。また、使用しない時の保管に関してもスペースを大きくとってしまうため、企業にとっては好ましくないでしょう。近年、そういった問題を解決した土のうが登場しました。吸水土のうと呼ばれる製品で工事現場、災害対策等において大きな期待を集めています。
吸水土のうというのは土を必要としない土のうで水を吸わせることで効果を発揮します。使用していない時はその重さは役400gでたたむことができるほど薄く収納にもとても便利です。使用時に水を吸わせると約20kgまで膨張し重量を増します。保管も設置も楽で廃棄に関しても自然乾燥後の塩カル溶液による脱水処理で済むので時間と労力の掛からない製品となっています。企業において吸水土のうであれば従来の土のうと違いその収納スペースを大きくとられる必要がなくなるため気軽に保管することが可能です。工事現場においても吸水土のうにすることによって作業効率をあげることができるでしょう。