環境も守る事業活動|汚水処理剤で適切な処理

汚水処理剤の種類と特徴

女性

人間の生活や自然界において水というのは必要不可欠なものです。しかし、人間は工業等の業務を行う際に汚水を発生させます。適切に汚水を処理ことで環境に対しては影響を及ぼしませんが、その汚水が河川や海に流れでた場合には環境が破壊され川や海に住む多くの生物が死滅してしまう可能性がでてきます。川や海に住む生物が死滅せず生き残っていたとしても汚染されていることには変わりなく、その汚染された生物を人間が食べることで自身の健康を害する場合もあります。企業の業務で発生させてしまった汚水を適切に処理するために汚水処理剤を導入することをお勧めします。
汚水処理剤には様々な製品があり、微生物を利用したものや凝集・沈殿を利用した製品があります。微生物を利用した汚水処理は活性汚泥法と呼ばれ、微生物が汚濁物質を分解することで汚水を処理するといった方法です。このタイプの汚水処理剤の中には微生物が分解しきれなかった余剰汚泥というものが残るものがあります。そういった余剰汚泥は埋めるか焼却するかの処分が必要になります。しかし、余剰汚泥の処分には大きな問題があるのです。余剰汚泥を年間で埋める量が莫大なための埋立地が飽和状態になっているという問題と、余剰汚泥を焼却処理する際に発生する二酸化炭素による地球温暖化促進といった問題があります。凝集・沈殿効果を利用した汚水処理剤では凝集し沈殿した汚泥を取り除くことで処理された水を放流することが可能です。また、河川工事における汚水問題もこのタイプの汚水処理剤を利用することで環境に影響を及ぼすことなく工事を進めることが可能です。通常の汚水処理よりもコスト削減になるので企業においても導入することで経済的メリットを得られることもできるでしょう。